インターネットでショッピングをもっと楽しくする、趣味,コレクションが満載のネットショップ「ショップ750通販サイト」でお探しください。
商品検索
 検索ワードランキング   / 1.硬貨 / 2.プラモデル / 3.DVD / 4.漫画 / 5.紙幣

トップ >> プラモデル >> 自動車 >> ダッドサン・ブルーバード TAXI TYPE No.31

ダッドサン・ブルーバード TAXI TYPE No.31

ダッドサン・ブルーバード TAXI TYPE No.31 プラモデル

商品コード:00092200059


21,500円(税込) 送料別

 

在庫:あり

ご注文数



 

商品情報

ブルーバードは、日産自動車が1959年から2001年まで生産・販売していた乗用車。
<初代 310型系(1959年 - 1963年)>
発売当時の名称は「ダットサン・ブルーバード」。ダットサン系の本格的な量産型乗用車としては最初の前輪独立懸架採用車となり、在来ダットサンの固定軸に比べて格段に乗り心地や操縦性を改善した。ボディタイプは4ドアセダンのみ。グレード構成は、1000ccはSTD、1200ccはSTDとDX。スタイリングは当時日産の社内デザイナーの佐藤章蔵によるもので、世界的トレンドにはやや遅れたデザインではあったが、全体に中庸を得たスタイルで機能性が高く、市場の反応は良好だった。セミモノコックボディと低床式ラダーフレームとを組合せて軽量化と強度確保を図る。主要部品の多くはダットサントラックとの共用で、十分な信頼性を備えていた。乗車定員は当初4名であったが、1959年10月に後部座席寸法を3人がけ可能に変更して5名となった。エンジンは先代のダットサン・セダン210型から踏襲された「C1型」(水冷 直列4気筒 OHV 988cc 34PS / 4,400rpm)を主力に設定。後にストロークを再拡大し、1189cc ( 43PS / 4,400rpm ) とした「E1型」も設定(P311 / WP311型)した。いずれも技術提携先のイギリス・BMC社製オースチンB系エンジンをベースとしたストローク変更のバリエーションである。1200ccクラスのE1型エンジン設定の理由は、輸出主戦場と目されたアメリカ合衆国で当時成功を収めていた同クラスのフォルクスワーゲン・ビートルに対抗した性能確保が目的であった。当時の日産の主力車種としてモータリゼーションの潮流に与し、4年間に渡るモデルライフを通して良好な販売実績を示した。

スペック

商品名:ダッドサン・ブルーバード TAXI TYPE No.31 プラモデル
サイズ:1/32 オーナーズクラブ No.31 TAXI TYPE
仕 様:1961年 日産自動車(ダットサン)(昭和36年)
販売元:株式会社有井製作所 株式会社マイクロエース
本 社:埼玉県ワラビ市北町5-11-2

注意事項

※未制作
※イラストとキットは若干異なります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

マルダキャロル PATROL TYPE No.64 ...

7,850円

ギャランGTO-GSR No.48 プラモデル

8,950円

スズキフロンテSS No.30 プラモデル

6,890円

スズキフロンテ360 No.26 プラモデル

11,800円

マツダRX-7 PATROL CAR No.58 プラモ...

15,890円