インターネットでショッピングをもっと楽しくする、趣味,コレクションが満載のネットショップ「ショップ750通販サイト」でお探しください。
商品検索
 検索ワードランキング   / 1.硬貨 / 2.プラモデル / 3.DVD / 4.漫画 / 5.紙幣

トップ >> 硬貨・紙幣 >> 硬貨(昭和) >> 一円硬貨 昭和50〜59年

一円硬貨 昭和50〜59年

一円硬貨 昭和50〜59年 10枚

商品コード:00092500021


580円(税込) 送料別

 

在庫:あり

ご注文数



 

商品情報

一円硬貨は、日本国政府が発行する、額面1円の硬貨である。通称一円玉。表面には「日本国」と「一円」そして「若木」が、裏面には「1」と製造年がデザインされている。この表裏は造幣局での便宜的な呼称で、明治時代の硬貨と異なり法律上の表裏の規定はない。現在発行中の一円硬貨はアルミニウム製であり、日本の現在発行中の6種類の通常硬貨の中で素材に銅が含まれない唯一の硬貨である。一円硬貨は水より比重が大きいが、乾いた一円硬貨を水面に対して平らになるように置くと、一円硬貨にかかる浮力と表面張力が一円硬貨の重量と釣り合うため水に浮く。水に界面活性剤を加えて表面張力を下げたり、水の代わりに水より表面張力の低い液体の上に置いたりした場合は沈む。一円硬貨1枚を製造するのにかかるコストは額面以上であり、政府による貨幣発行益は2003年(平成15年)当時で1枚当り13円の赤字とされる。原料となるアルミニウム地金は2019年6月現在で1キログラム当たり240円前後(1枚あたり約0.24円)で推移している。2009年(平成21年)初めに造幣局が民間から調達した1円硬貨用アルミ円形4200万枚の調達価格は3352万円(1枚あたり約80銭)とされる。2015年現在、一円硬貨の製造に約3円かかるとされる。

スペック

商品名:一円硬貨 昭和50〜59年 10枚
図案(表):若木(表面)
図案(裏):1 年号
品 位:純アルミニウム 100%
寸 法:直径 20mm
量 目:1g
発行開始日:1955年(昭和30年)
発 行:日本国政府発行

注意事項

※発行から長期間経過している商品となるため変化のある商品です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

五十円硬貨(有孔)昭和35年〜41年 7枚

3,850円

十円硬貨 昭和26年〜昭和29年 4枚

1,280円

一円硬貨 昭和40〜49年 9枚

580円

一円硬貨 昭和64年

120円

一円硬貨 昭和60〜64年 5枚

1,280円