インターネットでショッピングをもっと楽しくする、趣味,コレクションが満載のネットショップ「ショップ750通販サイト」でお探しください。
商品検索
 検索ワードランキング   / 1.硬貨 / 2.プラモデル / 3.DVD / 4.漫画 / 5.紙幣

トップ >> 切手・封筒・ハガキ >> 記念切手 >> 伊藤若冲 干支文字切手

伊藤若冲 干支文字切手

伊藤若冲 干支文字切手

商品コード:00092600013


5,850円(税込) 送料別

 

在庫:あり

ご注文数



 

商品情報

伊藤 若冲は、近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京にて活躍した絵師。名は汝鈞(じょきん)、字は景和(けいわ)。初めは春教(しゅんきょう)と号したという記事があるが、その使用例は見出されていない。斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)とも号す。『続諸家人物志』(青柳文蔵)には、若冲が狩野派の画家・大岡春卜に師事したとの記述があり、大典による若冲の墓碑銘にも狩野派に学んだとある。一方で木村蒹葭堂は、若冲は、鶴沢探山の門人で生写(しょううつし)を得意とした青木言明の門弟だったと記す(『諸国庶物志』)が、それを裏付ける証拠は見つかっていない。現存作品の作風から狩野派の影響を探すのは困難であるが、一部の図様について、狩野派の絵画や絵本との類似点が指摘されている。前記の墓碑銘によると、若冲は狩野派の画法に通じた後、その画法を捨て、宋元画(特に濃彩の花鳥画)に学び、模写に励んだとしている。さらに、模写に飽いた若冲はその画法をも捨て、実物写生に移行したと伝える。実物写生への移行は、当時の本草学の流行にみられる実証主義的気運の高まりの影響も受けていると言われる。また、大典が読書を通じて宋代の画家の写生の実践を知り、それを若冲に伝えたとも言われる。ほかにも、美術史家の研究により、明代や清代の民間画工の影響、特に南蘋派の画僧・鶴亭との類似が指摘されている。山水画・人物画の作品は少ないが、若冲が尊敬していた売茶翁の肖像画だけは何度も描いている。濃彩の花鳥画、特に鶏の絵を得意とした。美しい色彩と綿密な描写を特徴とするが、写生画とは言い難い、若冲独特の感覚で捉えられた色彩・形態が「写生された物」を通して展開されている。

スペック

商品名:伊藤 若冲 干支文字切手 平成17年 2005年
仕 様:80円切手10枚(1シート)
発売日:平成16年12月1日
製 造:国立印刷局製造
販売元:日本郵便

注意事項

※新品、未使用
※クリアファイル保管、状態良い

この商品を買った人はこんな商品も買っています

指 伊東深水 切手趣味週間

5,850円

干支文字切手 平成18年

3,870円

桐鳳凰図屏風 狩野探幽 切手趣味週間

6,850円

松浦屏風 切手趣味週間

5,850円

上杉本洛中絡外図屏風(右隻) 狩野永...

5,850円