インターネットでショッピングをもっと楽しくする、趣味,コレクションが満載のネットショップ「ショップ750通販サイト」でお探しください。
商品検索
 検索ワードランキング   / 1.硬貨 / 2.プラモデル / 3.DVD / 4.漫画 / 5.紙幣

トップ >> プラモデル >> ロボット >> 天空の城ラピュタ ロボット兵

天空の城ラピュタ ロボット兵

天空の城ラピュタ ロボット兵 プラモデル

商品コード:00092200012


15,800円(税込) 送料別

 

在庫:あり

ご注文数



 

商品情報

天空の城ラピュタは、スタジオジブリ制作の宮崎駿監督の長編アニメーション作品。1986年8月2日から東映洋画系の103館で公開された。同時上映作品は、テレビアニメ『名探偵ホームズ』で宮崎駿が監督した『ミセス・ハドソン人質事件』と『ドーバー海峡の大空中戦!』。宮崎にとって、原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品である。製作は徳間書店。スタジオジブリ制作映画の1作品目となる。次第に高年齢向けになっていくアニメに対して、マンガ映画の復活を目標に小学生を対象に古典的な冒険活劇として企画され、それが結果的に大人の鑑賞に耐えうる作品になるというのが宮崎の方針であった。音楽は冒険活劇ということから宇崎竜童に決定していたが、プロデューサーの高畑勲の再考により『風の谷のナウシカ』の久石譲が続投することになった。配給した東映による観客満足度調査は97.7%と高く、物語は幅広い年齢層に支持され、ビデオ販売は好調であった。「ラピュタ」という名称はスウィフトの『ガリヴァー旅行記』に登場する、空を飛ぶ島にある王国「ラピュタ王国(en:Laputa)」からとったもの。劇中に空飛ぶ島の物語を空想した人物としてスウィフトの名前も出てくるが、名前の借用以外は『ガリヴァー旅行記』との関連はない。19世紀後半、産業革命期のヨーロッパを元にした架空世界での冒険を描く。ラピュタに配備されていた自律式ロボット兵器。そのうちの一体が機能停止状態で天空から落下してきた事が、政府がラピュタの調査を行うきっかけになった。機能を停止して「死んだ状態」と思われていたが、要塞に囚われていたシータが何気なしに呟いた「守りの言葉」に反応して再起動し、保管庫から動き出す。石壁や砲台の装甲すら溶断する光線兵器で要塞を火の海で包んだ。拳銃はもちろんのこと、小銃や機関銃の連射にも耐え、信管を抜かれた要塞砲榴弾が直撃し外板が激しく変形しても活動を継続できる耐久性があるが、ゴリアテの長砲身砲の砲撃により破壊された。飛行石を持つ者の命令に従属し、彼らを守護するプログラムが組み込まれている。劇中では、材質が金属なのか粘土なのかもこの時代の人類の科学では分からないと表現されており、映画パンフレットには「形状記憶弾性セラミック製」と記されている。胸部には2つの推進装置を持ち、両腕の骨組みの間に翼膜を形成して飛行することもできる。ロボットには種類があり、兵器の他に看護、園丁、侍従など様々な役目を持つロボットがいたとされる。また現在のラピュタでは、機能停止したロボットが野ざらし同然のままで朽ち果てているが、ムスカが各所に保管されていた健全なロボットを解き放った。フライシャー・スタジオ製作『スーパーマン』第2話「The Mechanical Monsters」(1941年)に登場した現金強奪ロボットがモデルとされる。また、宮崎が「照樹務」名で脚本と演出を担当したTVアニメ『ルパン三世』第155話「さらば愛しきルパンよ」に本作より先に登場しているが、首からプロペラが展開して飛行する方式になっていたり、双頭になった陸戦専用機が登場するなど細部が異なる。『ルパン』への登場はフライシャー版『スーパーマン』に対するオマージュとしてであった。宮崎は「気に入っていて一度テレビ(新・ルパン三世・最終話)で使ったんですが、どうも心残りがありまして今回もう一度、使ってみたんです」と発言している。

スペック

商品名:天空の城ラピュタ ロボット兵(園丁バージョン)プラモデル
サイズ:1/20スケール 
仕 様:プラスティックモデル 組み立てキット
年 号:1986年
販売元:ファインモールド

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ゲッターマシーン No.1 プラモデル

12,800円

伝説巨神イデオン バック・クラウン宇...

18,900円

ダッドサンブルーバード1000 No.27 ...

8,750円

戦闘メカ ザブングル ウォーカーマシ...

18,900円

戦闘メカ ザブングル WMクラブタイ...

5,800円