インターネットでショッピングをもっと楽しくする、趣味,コレクションが満載のネットショップ「ショップ750通販サイト」でお探しください。
商品検索
 検索ワードランキング   / 1.硬貨 / 2.プラモデル / 3.DVD / 4.漫画 / 5.紙幣

トップ >> プラモデル >> ロボット >> 戦闘メカ ザブングル ウォーカーマシン・カプリコタイプ

戦闘メカ ザブングル ウォーカーマシン・カプリコタイプ

戦闘メカ ザブングル ウォーカーマシン・カプリコタイプ プラモデル

商品コード:00092200009


18,900円(税込) 送料別

 

在庫:あり

ご注文数



 

商品情報

『戦闘メカ ザブングル』は、1982年(昭和57年)2月6日から1983年(昭和58年)1月29日まで、名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系で毎週土曜17:30 ‐18:00(JST)に全50話が放送された、日本サンライズ(現・サンライズ)制作のロボットアニメである。英語表記は、Xabungle。日本サンライズ創立10周年記念作品。富野喜幸が名義を富野由悠季と改め、『伝説巨神イデオン』以来2年ぶりにTVアニメの監督としてこの時間枠に復帰した作品。本作『戦闘メカ ザブングル』の後、『聖戦士ダンバイン』、『重戦機エルガイム』、『機動戦士Ζガンダム』、『機動戦士ガンダムΖΖ』まで1年もののTVアニメとして連続5作品を送り出すことになる。前番組『最強ロボ ダイオージャ』が放送開始した1981年の春には、リアルロボット作品として『ガンダム』の評価が定まってきており、ガンプラなど関連商品が大ヒットを記録していた。同年秋にはリアルロボット作品として同じサンライズ制作の高橋良輔監督による『太陽の牙ダグラム』のTV放送が始まり、このプラモデルの販売も好調だった。ただし『ダイオージャ』の後番組にリアル路線では視聴者の抵抗が大きいと判断されたため、本作はリアルさにおいて『ガンダム』と『ダイオージャ』の中間的な作風となった。当初は『エクスプロイター』という仮称で鈴木良武・吉川惣司らを中心としたシリアスな宇宙物のロボットアニメ企画として進められていた。富野が制作に加わってからはキャラクターデザインなどを除いて一新され、「“西部劇のような世界”に“ガソリンエンジンで動き、自動車のようなハンドル(ステアリングホイール)とアクセルペダルで操縦する巨大ロボットウォーカーマシン(以下WM)”が登場する、派手なロボットアクションを前面に出した作品」となった。

スペック

商品名:戦闘メカ ザブングル ウォーカーマシン・カプリコタイプ プラモデル
仕 様:1/100 Xabungle
サイズ:箱(横20cm×縦32.8cm×高さ5.8cm)
年 号:1982年〜1983年
販売元:株式会社バンダイ模型

この商品を買った人はこんな商品も買っています

伝説巨神イデオン バック・クラウン宇...

18,900円

ダッドサンブルーバード1000 No.27 ...

8,750円

戦闘メカ ザブングル WMトラッド11...

5,800円

ゲッターマシーン No.1 プラモデル

12,800円

天空の城ラピュタ ロボット兵 プラモ...

15,800円