インターネットでショッピングをもっと楽しくする、趣味,コレクションが満載のネットショップ「ショップ750通販サイト」でお探しください。
商品検索
 検索ワードランキング   / 2.プラモデル / 3.DVD / 4.漫画 / 5.紙幣

トップ >> プラモデル >> オートバイ >> カワサキ 750RS Z2

カワサキ 750RS Z2

カワサキ 750RS Z2 プラモデル

商品コード:00092200002


11,500円(税込) 送料別

 

在庫:あり

ご注文数



 

商品情報

カワサキ・750RSはカワサキが1973年から1978年にかけて製造・販売していた総排気量746ccのオートバイである。通称は“Z2”ゼッツー(型式名から。関西では「ゼットツー」もしくは「アールエス(車名の750RSより)」と呼ぶことが多い)。
カワサキは1972年に排気量903ccのZ1を発売し、欧米で高い人気を博し販売成績も好調であったが、日本国内では業界の自主規制(大型自動二輪参照)により750cc超のオートバイは販売できなかったため、750ccクラスの国内版モデルが必要であった。当初はZ1のエンジンをボアダウンして発売する予定だったが、結局ボアとストロークの両方を変更して排気量を750cc(正確には746cc)とし、1973年4月に750RS(型式Z2)として発売した。なお、同車種を「Z750RS」とした記載がウェブ上や雑誌、小説等に散見されるが、下記の通りあくまで「750RS」および「Z750FOUR」であり、それらの呼称を混同したと思われる「Z750RS」というモデル名の車種はこのシリーズには存在しない。前者のRSはロードスター (roadster)を意味し、当時の同社の4ストロークモデルのシリーズ呼称である。1973年モデル750RSから1977モデルZ750FOUR(A5)までの形式名は「Z2」であり、D1より形式名は「Z750D」となる。1976年(1977年モデル)から日本国外向けのZ1000Aはアメリカの環境対応化、軽量化のために2本マフラー化されたが、Z750FOUR(1976年よりモデル名が変更)は日本仕様のため、対応化する必要がなく1978年のZ750FX発売まで4本マフラーのままであった。1980年にZ750FX II(シリーズ上FXの名前を引き継いでいるが完全な別モデル)として大幅なモデルチェンジをするまで、エンジンとフレームは基本的に同一のまま8年間存続したことは、1980年代〜1990年代中盤のバイクブーム時の日本のモーターサイクルと比べると長かったといえる。(ブームが沈静化した以降では長いとはいえない。)カワサキのオートバイを象徴する車種の一つとして、ゼファーシリーズのスタイリングのモチーフとなるなど、現在に至るまで大きな存在となっている。

スペック

商品名:カワサキ750RS Z2 ロードスターZ プラモデル
サイズ:1/12スケール
製 造:株式会社アオシマ文化教材社 静岡市流通センター12-3

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ホンダCB750 FOUR KO

3,530円

ダッドサンブルーバード1000 No.27 ...

8,750円